FC2ブログ

対先手ゴキゲン 無策の罪

前回の記事の回答ですが,
正解手は77歩が最善で,同玉は86角で詰み。
同桂も89角から竜がなり込んで勝勢です。
ただ,89飛成から87銀。この必至の掛け方は,言われてみればなるほどの一着で,これもほぼ正解です。
ただし,その場合は,95角の王手から,王手銀取りのラインができれば,少し波乱もあります。
的確なコメントいただいた二名,ありがとうございました。



最近、一日2,3局指すようになってきました。それでも今月の対局数はようやく20に到達したばかり。
昨日の1局。嫌になるほど序盤で悪くし過ぎてしまい,50手未満で投了となりました。反省の意味で,振り返ります。

戦型は▲5六歩の出だしの先手ゴキゲンで,対する後手側を持つ自分は,角道を開けないまま駒組をする趣向。
図1は足早に▽6四銀と出て,次の6五銀を狙っていましたが,ここで相手に指されたのがこの3六歩。先手の狙いが定かにはわかりませんでした。66歩か78金or78銀くらいかと思っていたので,意気揚々と65銀と繰り出していきました。
【図1】
2010-11-30a.jpg

図1以下, ▽6五銀▲7八金▽7六銀▲5九角と進んで,先手の狙い筋がようやく見えてきました。
3六歩は,角を転換する準備だったのです。次に▲3七角~▲5六歩とされてはたまらないので,ここで▽6四歩としましたが,これは微妙な手順前後で疑問手。
先手の狙い筋は,3七角だけじゃなかったのです。

図1以下, ▽6五銀▲7八金▽7六銀▲5九角▽6四歩▲5四歩▽5二金右▲2六角!▽5四歩▲7一角成▽8四飛▲5四飛と進行して図2。

【図2】
2010-11-30c.jpg

4六歩のタイミングで▲5四歩と突かれてしまいました。同歩同飛となると次の4六飛を防ぎづらいため,5二金と上がって盛り上がるつもりでしたが…そこで2六角と上がられて次の5三歩成を防ぐ手が難しく将棋が終わってしましました。一方的に馬を作られて乱れるばかり。図2では,6三金と上がっていればまだ難解だったと思いますが,早指しの中で修正することができませんでした。ただただ猛省するだけです。

リアルで観戦していただいた方々…対局直後にろくに感想戦もせずに(相手は即去りでしたが)退室してしまい失礼いたしました。
また頑張ります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕も気持ち分かりますよ。
たまにやりますwww

Re: No title

コメントありがとうございます。
やっぱり感想戦は大事ですよね。
少しでも1局を振り返ってあそこはどうだったかと仲間と話すのはいい経験になります^^;

> 僕も気持ち分かりますよ。
> たまにやりますwww
プロフィール

しゃおろん@24

Author:しゃおろん@24

訪問者カウンター
累積訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる