モバイル24

お久しぶりです。
最近は,将棋の観戦等はしていますが,自身で将棋を指すことがかなり減ってしまいました。
そんななかでしたが,モバイル24将棋倶楽部に登録しました。
携帯で,どこでも24のレーティング・フリー戦ができちゃうというもので,月額315円かかります。

いざやってみると…
初戦のレーティング戦で仕掛けを敢行した直後に迷ってしまいいきなり時間切れ負けになりました。
駒の操作が煩雑で,そこで時間を喰ってしまうようです。こんなので終盤が指せる気がしません(苦笑

特に私の携帯は2年ほど前の少々古いタイプになるせいか,反応が鈍いことがしばしばありました。
2戦目はフリー対局で挑みました。(駒を動かす練習です)

結果は173手もかかって負け。

携帯でこのように将棋が指せるのは素晴らしいことのはずですが,やはり操作の煩わしさや画面の小ささなども影響して,そこでハンデを抱えているようで少々不満でした。

もう少し継続してみます。

スポンサーサイト

24名人戦について考える

ご無沙汰しております。
24名人戦予選リーグが開催中で,当ブログでも自身の棋譜について見てきました。
ただ・・・時間の都合であまり記事をかけていないことは残念です(苦笑
当ブログでは10局目まで紹介してきましたが,実際にはもう25局目まで進行しました。
少しづつ掲載していけるように頑張ります!!!

さて,今日はここまでの24名人戦について他の出場者との比較について考えたいと思います。
予選リーグ戦も後半に入り,残すところ対局日は,29日(本日),30日,4日,5日,6日の5日間となりました。
1月28日現在での自分の所属する四段b+のリーグの様子をグラフにしてみました。それが図1
上位24名までが本選リーグに駒を進めることができ,現在は勝ち点42がラインとなっています。
自分は25局を終えて,勝ち点53点(14-11) 。
回帰直線よりやや上に位置していますが,ほぼ平均的なポジションで勝ち点を積み重ねているようです。
ここまで予選リーグは12日間開催されてきましたので,残り5日間であとどれくらい勝ち点が伸びるかが問題になってきますね。

1日2局指すと仮定すれば,対局数が10増えますので,
現状20局で42点のラインが 30局で60点前後ということになるでしょうか。
問題は対局数がまだ少ない軍勢がどれくらい伸ばしてくるかですが,今期は有効対局時間が2時間と短くなっている分急な追い上げが利かないのではないかとひそかに期待しています(苦笑

自分もあと10局を積みあげて予選突破を確実にしたいと思います!!!

【図1】
0128.jpg

近況と予告

ご無沙汰です。
不調域から全く抜け出せずに,ブログを書く気力も起きませんでした。
今もRが1800台前半とかなり落ち込んでおります。

9月の成績まとめは
47勝37敗 (内訳:指導対局上手19-2,下手(R差200以上上)0-2)
となっています。
勝ち越していますがそれは2級のごぜん殿と指しまくってるからで,レーティング自体は低迷を続けております。


ところで最近,ある指定局面について「激指・定跡道場」を使って訓練しています。
本ソフトには数々の指定局面が用意されており,その局面から先手・後手どちらかを持ってPCと対局できます。
定跡派には嬉しい機能で,これで万全の対策を備えたいですな。


で、問題図はこちら
【図1】
2010-10-01a.jpg

横歩85飛車戦法で,先手が38銀型に構え,後手の7三桂が決まる前の早い段階で▲3五歩と突くものです。
取れば,角交換から4六角で一見決まっているように思えますが,実は難しい。
厳密には先手がいいようで,後手の対策をしっかり見抜けば必勝図にもできそうな気がします。
先手番を持った時の有力手にするためにも現在進行形で実戦研究中です。

ちなみに図1以降の指し手は,
▲3三角成▽同桂▲4六角▽2五歩▲1六飛▽3四飛▲3五歩▽4四飛▲9一角成▽7三桂▲7五歩と進み次図。
【図2】
2010-10-01b.jpg

7五歩は桂頭を狙う手で放置すれば,▲7四歩▽同飛▲9二馬▽5四飛▲7四歩で大きな楔が入ります。この形でこの一連の手順は何度も出てくるので必須です。
ちなみに▲7五歩に▽同歩と応じると3七香と打たれ, 5五角を消された上に,次の3四歩が厳しくなります。

従って図2から後手も攻めに転じます。
候補手としては,8八歩,5五角,2八角,4五桂くらいでしょうか。
近日中にはまとめますので乞うご期待。

読者のご意見もお待ちしております。
(例えば図1を見てどちらを持ちたいとか)

8月成績まとめ

今日から9月ですね。
9月1日から日本将棋連盟モバイルがソフトバンクに対応したとのことで早速入会しました。
思ったよりもコンテンツが充実しているようで,毎日1,2局は必ず中継をしているようです。
普段、見れない対局がリアルタイムで観戦できるのはうれしい限りですね。
移動中はもう手放せそうにありません!!!


さて…
見てる人からしたらどうでもいいかもしれませんが,8月の月間成績まとめを自分なりに分析しました。

以下成績表
8月成績

まず,一目見て先手番の44に対して後手番が59というのはかなり多いです。自分よりかなり下の人との指導対局はほとんどないので,この数字はやや異常!?
で、さらにその勝率も明暗が分かれました。先手番で10も貯金しているにもかかわらず、後手番は7つの負け越し。
後手番で苦しんでる原因はどこにあるのでしょうか。

各戦法ごとに分類しました。

相居飛車系の将棋は47局。 相掛かり、角換わり、次いで矢倉という感じで、いずれもそこそこ勝ってるようです。
横歩は、後手番を持って85飛車戦法をよく採用しますが,手作りがやや苦手で負けてる印象が強いです。

一方で,対抗形の対振り飛車戦は,
対四間飛車、対中飛車で負け越し。特に中飛車を相手にするのが苦痛のようです…
対四間飛車は、ほとんど居飛車急戦で挑んでいるので、もう少し稼ぎどころのはずなんですがね・・・あまり勝ててないようなので要研究。
それにしても三段、四段クラスでも四間飛車指す人多いですね。

8月は、四段達成も果たした一方で,後半グダグダの内容で三段ぎりぎりラインに脱落。
9月以降は盛り返して行けるように頑張ります。

勝つまでの道


昨日は高校の同級生で自分の将棋の師匠でもあるG氏が,しゃおの家に来訪してきました。
遠距離してるらしいので会いに来たついでにこちらの家で一泊するという流れ。
G氏は倶楽部24で4級ほどですが,有段者への道はまだ遠そうですかね。



18時頃にG氏来訪。とりあえずG氏と適当に近況を話して

ナルニア第2章を1時間見て(本来2時間半の映画ですw)

ゲーム(PS3版ガンダム無双2)に興じて

G氏と平手将棋4局をやって(当然全勝だけど1手差で勝ついい練習になるw)

ナルニア(後半の1時間半を見る。意外に面白い映画なんだなと認識を改める。)

G氏爆睡。

しゃおくん24道場に向う(0時過ぎ)

朝5時くらいまで朦朧とするまで4局指す


という半日(12時間)の流れ。ぁあ…ゲームは余計だったなぁ(苦笑)


とりあえず今日は定跡ファイル化はお休みにして,昨日の結果と最終局の抜粋を少しします。

1局目:○ 対中飛車 137手
2局目:● 対中飛車 122手
3局目:○ 横歩     86手
4局目:○ その他   153手

というわけで8月7日も勝ち越しに成功。
今月はいまだに負け越した日がないという奇跡的記録が続いていますw

現在までの月間成績は16勝5敗。R2066
星取り表:○○○○●○●○○○○○●○●○○○●○○
 

最終局は,袖飛車からの急戦に対して無策に駒組を進めたため序盤はかなり劣勢に陥りました。

【図1】
2010-08-08b.png

このあと▲97角▽45歩▲77歩▽75歩と進行。
後手最後の▽75歩はやや緩手で,76歩とこじ開けにいったほうがよかったということでした。
ただまぁこの愚形でかなりやる気が出ない序盤であります。

【図2】
ところがどっこい,ちょっと辛抱してたらこんなことになりましたw
桂を飛車でぶっちぎり,▲44桂の飛金両取りから後手の陣形が壊滅。
詰めろ飛車取りをかけたところです。この図だけ見たらもう先手必勝に見えます。
2010-08-08c.png

【図3】
しかーし…ここからが長い。
なかなか簡単に土俵を割ってくれるわけもなく…後手投了に至るのははるか先の153手でした。
投了図以下,▽12玉▲23銀で簡単な詰みとなります。
2010-08-08d.png


序盤少々苦しくしても,忍耐強く指して逆転模様に至ったとしてどんなにいい局面であっても,こちらが少しでもミスをしたらたちまちおかしくなる。強い方とやってるとそういうことをしみじみと感じる1局になりました。
もうすぐ四段が見えてくる位置まで来てしまいましたが,ここからの道が本当に重いものになるのでしょう…。
自分の将棋は「忍耐」ただその一言に尽きるのでしょうね。



プロフィール

しゃおろん@24

Author:しゃおろん@24

訪問者カウンター
累積訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる