強引すぎな端攻め

半年近く将棋を指していませんでした。
少し指してみようかと思って指し始めたものの感覚の衰えは否めないですね。
昨日から3局やって2-1ですがポカも多め。
今日の棋譜では,我慢比べの駒組から暴発気味の端攻めで、悪くなりましたが相手の受けが悪く何とか勝てました。110手目の決め手が好手でした。

【棋譜】
スポンサーサイト

横歩8四飛5二玉型

久しぶりに更新。最近ものすごく低調で,R1900台をうろついています。
諸々理由があるのですが,最近将棋倶楽部24で開催中のモバイル王位戦に参戦しています。
いいポジションにつけているので,今月の後半も頑張ります。

さて久しぶりの更新では,昨日の対局から1局紹介。
ネットで親交のあるAさんに教えて頂いた1局。
横歩の趣向を凝らした1局になりました。課題局面は下図。
5二玉型の流行りの中原囲い(但し8四飛型)に対して,端攻めを見せたところです。
4一玉とすればおとなしいですが,2三銀と盛り上がって受けてきました。
ここで考えてみたい手が2四歩なのですが,その成否はどうでしょうか?

【課題局面】
2011-10-17a.jpg


似たような形が先日のA級順位戦でも見られました。それが参考図1。
多少の駒の配置の違いで全く異なる変化になるでしょうから一概には比較できませんが,2四歩で攻め切れれば先手としては不満ありません。
ちなみに参考図1以下は,▲2四歩▽3四銀▲2八飛▽4四歩と進行し,谷川先生の快勝に終わっています。


【参考図1】
2011-10-17d.jpg

課題局面と参考図1を比較すれば,一目瞭然ですが先手は1手損しています。その理由は実戦譜コメント参照。
4八銀が入っていないため,2三角からの強襲は駒損も大きくうまくいかないというのが結論。2三角からの強襲を見送って迎えた下図では,7五歩で飛車の横利きが通って味が良い。

【実戦途中図】
2011-10-17c.jpg

2四歩のあとすぐに角交換するのは難しいようです。一方,2四歩と決めてから2八飛と引けばどうでしょうか?
プロの例に倣って4四歩と角交換を避ければ,下図のような変化も一考。
8四飛型では2五歩と高いポジションで受けることが難しく先手指しやすいように思う。2四歩を簡単に取られなければ先手も面白いのではないでしょうか。

【想定変化図】
2011-10-17b.jpg



【実戦譜+考察】


激指先生による棋譜解析結果は続きにて。

続きを読む

プロフィール

Author:しゃおろん@24

訪問者カウンター
累積訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる